森保監督の“秘蔵っ子”、広島から2名が選出…青山「新たな代表のスタート」

森保監督の“秘蔵っ子”、広島から2名が選出…青山「新たな代表のスタート」

サンフレッチェ広島からは2名が選出された [写真]=J.LEAGUE

 日本サッカー協会(JFA)は30日、9月に行われるキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。サンフレッチェ広島から選出されたMF青山敏弘、DF佐々木翔がクラブ公式HP上で意気込みを語っている。

 青山は2018 FIFAワールドカップ ロシアのメンバー発表前最後の強化試合となったキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦のメンバーに選出されたものの、負傷のため無念の途中離脱を強いられていた。約3カ月ぶりの代表招集となった青山は、意気込みを以下のように語った。

「新たな日本代表のスタートとなります。この2試合全力で臨み、勝利できる一員になれるよう頑張ります」

一方、佐々木は今回が初めての日本代表招集となった。佐々木はここまで明治安田生命J1リーグで全24試合にスタメン出場し、首位を走るチームを牽引している。佐々木は代表初招集の喜びを次のようにコメントした。

「日本代表に選出されて光栄です。今回、選ばれたのはサンフレッチェ広島で結果を残せているからこそだと思っています。日本代表では結果にこだわり戦いたいと思います。応援をよろしくお願いします」

 森保一新監督が率いる新生日本代表は9月7日にチリ代表と、11日にはコスタリカ代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)