浦和のオリヴェイラ監督、2試合のベンチ入り停止…名古屋戦後の言動で処分

浦和のオリヴェイラ監督、2試合のベンチ入り停止…名古屋戦後の言動で処分

2試合ベンチ入り停止処分を科されたオリヴェイラ監督 [写真]=Getty Images

 Jリーグは30日、浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督に2試合のベンチ入り停止処分を科すことが決まったと発表した。

 Jリーグは処分理由を以下のように説明している。

「2018年8月26日(日)2018明治安田生命J1リーグ第24節(名古屋グランパス vs 浦和レッズ)の試合後インタビューにおいて、オズワルド オリヴィエラ監督が主審を侮辱する言動をとった疑いがある旨の報告があった」

「かかる報告を受けて、規律委員会にて映像を確認し、同監督に対してヒアリングを行うなど事実確認を行い、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の行為は、『主審及び副審に対する侮辱又は公然の名誉毀損行為』に該当すると判断、2試合のベンチ入り停止処分とする」

 ベンチ入り停止処分の対象試合は以下のとおり。

・2018年9月1日(土)第25節 セレッソ大阪戦
・2018年9月16日(日)第26節 横浜F・マリノス戦

関連記事(外部サイト)