W杯日本戦で決勝点のベルギー代表MFシャドリ、モナコへ移籍決定

W杯日本戦で決勝点のベルギー代表MFシャドリ、モナコへ移籍決定

日本戦で決勝点を挙げ喜ぶシャドリ [写真]=Getty Images

 チャンピオンシップ(イングランド2部)のウェスト・ブロムウィッチに所属するベルギー代表MFナセル・シャドリが、モナコに移籍することが決まった。

 現在29歳のシャドリはオランダのトゥエンテ、イングランドのトッテナムでプレーしたあと2016年夏にウェスト・ブロムへ移籍。負傷のため2年間でわずか38試合の出場にとどまり、チームは昨季プレミアリーグ最下位で降格に終わっていた。

 同選手とモナコの契約期間は3年で、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は1000万ポンド(約14億5000万円)と見られている。

 負傷で昨季の大半を欠場しながらも2018 FIFA ワールドカップ ロシアのベルギー代表に選ばれたシャドリは、大会で脚光を浴びた。決勝トーナメント1回戦では日本代表に対して2点差から追いついたベルギーが、後半アディショナルタイムにロングカウンターから劇的な逆転ゴール。決めたのはシャドリだった。

関連記事(外部サイト)