日本戦で逆転弾のベルギー代表シャドリ、モナコ加入決定…3年契約締結

日本戦で逆転弾のベルギー代表シャドリ、モナコ加入決定…3年契約締結

ロシアW杯に出場したシャドリ [写真]=Getty Images

 モナコは30日、ウェスト・ブロムウィッチに所属するベルギー代表MFナセル・シャドリが完全移籍で加入することが決まったと発表した。契約期間は3年間。

 シャドリは1989年生まれの29歳。オランダのアペルドールン、トゥウェンテを経て2013年夏からトッテナムでプレーした。そして2016年夏、ウェスト・ブロムウィッチに完全移籍で加入。昨シーズンは負傷に悩まされ、プレミアリーグで4試合出場1得点を記録するにとどまった。

 またシャドリはベルギーとモロッコの国籍を持つが、2011年1月にベルギー代表でのプレーを選択。同年2月にデビューを果たした。2018 FIFAワールドカップ ロシアにも出場し、ラウンド16の日本代表戦では後半アディショナルタイムに逆転ゴールを記録。3位決定戦でも先制ゴールをアシストするなど、史上初の3位入賞に貢献した。

 モナコ加入にあたり、シャドリは「偉大なフランスのクラブ、チャンピオンズリーグに出場するクラブに加わることができて非常に嬉しい。ここ数シーズンの結果は、このクラブが持つ野心とプロジェクトのクオリティーを証明するものだ。モナコが偉大なことを成し遂げ、目的を達する手助けをするために全力を尽くすよ」と抱負を語っている。

関連記事(外部サイト)