2試合ベンチ入り停止のオリヴェイラ監督、C大阪戦は「コーチ2人が指示」

2試合ベンチ入り停止のオリヴェイラ監督、C大阪戦は「コーチ2人が指示」

2試合のベンチ入り停止処分となったオリヴェイラ監督 [写真]=Getty Images

 浦和レッズは31日、オズワルド・オリヴェイラ監督の前日会見のコメントを掲載した。

 前節の名古屋戦で、『主審及び副審に対する侮辱又は公然の名誉毀損行為』に該当する言動によって、2試合のベンチ入り停止処分となったオリヴェイラ監督。このことについて同監督は「前を向いて進まなければいけません。私も43年間サッカー界に携わっていますので、出場停止、ベンチ入りの禁止、もしくは健康上の理由で試合に行けなかったこともあります」とコメント。該当となるセレッソ大阪戦と横浜F・マリノス戦について「ヘッドコーチの2人にその仕事をしてもらいます。大槻毅ヘッドコーチが選手たちに指示を出す形になると思います。ブラジル人に何かを伝えなければいけないときは、ルイスヘッドコーチが話します」と話し大槻コーチが指揮を執り、外国人選手にはルイスコーチが指示を出すことを話している。

 また戦列を離れている柏木陽介について問われたオリヴェイラ監督は「治療をしていて、かなりコンディションも上がってきています。次の試合に向けて問題ないと思います」と語っており、C大阪戦での出場の可能性を口にしている。

関連記事(外部サイト)