大分、徳島戦で相手サポーターに厳重注意処分…横断幕を外す問題行動

大分、徳島戦で相手サポーターに厳重注意処分…横断幕を外す問題行動

大分サポーターの横断幕が一部外される事件が発生した [写真]=Getty Images

 大分トリニータは8月31日、徳島サポーターの問題行動について厳重注意処分を下すことを報告した。

 問題は、25日に行われた明治安田生命J2リーグ第30節の徳島ヴォルティス戦にて、試合終了後に大分サポーターの横断幕が徳島サポーターによって紐を一部外され、めくりあげられる事態が発生。これについて大分は徳島とJリーグを交えた三者で協議を行なった結果、該当した徳島サポーター対して厳重注意処分を下すことを報告した。さらに徳島への抗議とサポーターへの観戦ルール、マナー遵守の徹底を図るよう申し入れた。

 また今回の問題発生により大分は今後、ビジターエリアにおける緩衝帯の設置と横断幕掲出エリアの一部変更を行なうことを発表している。

関連記事(外部サイト)