PSGの独代表GKトラップがフランクフルトへ復帰…長谷部と同僚に

PSGの独代表GKトラップがフランクフルトへ復帰…長谷部と同僚に

フランクフルト加入が決まったトラップ [写真]=picture alliance/Getty Images

 MF長谷部誠が所属するフランクフルトは8月31日、パリ・サンジェルマン(PSG)からドイツ代表GKケヴィン・トラップを今シーズン終了時までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「31」を着用することも決まっている。

 現在28歳のトラップは2007−08シーズンにカイザースラウンテルンでキャリアをスタート。2012−13シーズンからの3シーズンはフランクフルトでプレーし、2015年夏にPSGへ移籍していた。

 PSGでは加入初年度こそ定位置を確保していたものの、2シーズン目からはフランス代表GKアルフォンス・アレオラの台頭によって出場機会が減少。さらに、今夏にはユヴェントスから元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが加入し、トラップの立場は更に厳しいものになると見込まれていた。

 フランクフルトは昨シーズンまで正守護神として活躍したフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーがレヴァークーゼンへ移籍。代役となる選手の確保を急いでおり、2018 FIFAワールドカップ ロシアのドイツ代表メンバーでもあるトラップ獲得に至った。

関連記事(外部サイト)