レアル、マリアーノ獲得で人員整理…マジョラルがレバンテへレンタル移籍

レアル、マリアーノ獲得で人員整理…マジョラルがレバンテへレンタル移籍

レバンテへレンタル移籍するマジョラル [写真]=Shot for Press/Getty Images

 レアル・マドリードは8月31日、スペイン人FWボルハ・マジョラルが今シーズン終了時までのレンタル移籍でレバンテへ加入することを発表した。

 現在21歳のマジョラルはレアル・マドリードの下部組織出身で、2014年に同クラブのBチームであるレアル・マドリード・カスティージャへ昇格した。2015年にはレアル・マドリードのトップチームデビューを果たすも、2016年夏にヴォルフスブルクへレンタル移籍。レアル・マドリード復帰後の昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで14試合出場3得点を記録していた。

 シーズン開幕前までレアル・マドリードはマジョラルをフランス人FWカリム・ベンゼマのバックアップとして考えていたが、リヨンからドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスを買い戻したことで状況は一変。マジョラルは出場機会を求め、移籍市場最終日にレバンテへレンタル移籍することとなった。

関連記事(外部サイト)