レスター守護神シュマイケル、23年まで契約延長「より多くの成功を」

レスター守護神シュマイケル、23年まで契約延長「より多くの成功を」

2011年からレスターでプレーしているシュマイケル [写真]=AMA/Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは8月31日、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルと2023年6月までの新契約を締結したと発表した。

 シュマイケルは1986年生まれの31歳。マンチェスター・Cの下部組織出身で、2005年にトップチームへ昇格した。以後はレンタル移籍を繰り返し、2009−10シーズンは当時4部のノッツ・カウンティでプレー。2010−11シーズンはリーズに所属し、2011年夏にレスターへ加入した。

 レスターで定位置を掴んだシュマイケルは、2013−14シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献。2015−16シーズンには“奇跡”と称されたプレミアリーグ制覇の立役者となった。デンマーク代表の一員としても活躍し、2018 FIFAワールドカップ ロシアにも出場している。

 レスターでは公式戦298試合に出場しているシュマイケル。新契約締結にあたり、「さらに数年間、ここにいることができる。本当に嬉しいよ。キャリアの大部分をレスターで過ごしてきて、素晴らしい時間が何度も会った。ここに来た時から自分の家のように感じているし、ファンからのサポートに感謝したい。より多くの成功をもたらしたいと思っているよ」と喜びを語っている。

関連記事(外部サイト)