コエントラン、レアルとの契約を解除…古巣リオ・アヴェ復帰が決定

コエントラン、レアルとの契約を解除…古巣リオ・アヴェ復帰が決定

昨季はスポルティングでプレーしていたコエントラン [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属していたポルトガル人DFファビオ・コエントランが、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへ加入することが決まった。

 レアル・マドリードは8月31日、コエントランとの契約を両者合意の下で解除することが決まったと発表。そして同日、リオ・アヴェが同選手の復帰を発表した。契約の詳細は明かされていない。

 コエントランは1988年生まれの30歳。リオ・アヴェの下部組織出身で、2007年からはベンフィカに所属した。2011年夏にレアル・マドリードへ加入。モナコへレンタル移籍で加入した2015−16シーズンを除き、5シーズンに渡ってレアル・マドリードでプレーした。ただ、度重なる負傷に苦しんだ影響もあって通算106試合出場にとどまっている。昨シーズンはスポルティングへレンタル移籍で加入していた。同クラブでは公式戦44試合に出場したものの、完全移籍には至らなかった。

 今夏は所属元のレアル・マドリードへ戻ったものの、公式戦のメンバーから外れていたコエントラン。一時はクラブのトレーニングにも参加できていないと報じられていたが、本人がインスタグラムに写真を掲載して報道を否定していた。去就に注目が集まる中、ユース時代から所属し、プロとしてのデビューを果たしたリオ・アヴェへの復帰が決まった。

関連記事(外部サイト)