ミラン、劇的決勝弾でローマ撃破…ガットゥーゾ監督、新戦力MFを称賛

ミラン、劇的決勝弾でローマ撃破…ガットゥーゾ監督、新戦力MFを称賛

ガットゥーゾ監督(左)がカスティジェホ(右)を称賛 [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が8月31日に行われ、ミランとローマが対戦。1−1で迎えた後半アディショナルタイムにイタリア代表FWパトリック・クトローネが劇的な決勝ゴールを挙げ、ミランが2−1と競り勝っている。

 今シーズンの初勝利を収めたミラン。試合後、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ガットゥーゾ監督は「我々は試合を支配していたが、(先制するまでの)40分は相手の守備が完璧だった」とコメント。76分からピッチに立ったウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール、81分に途中出場したスペイン人MFサム・カスティジェホを称賛し、「彼らが試合を変えてくれた」と語った。

「サムエル(カスティジェホ)は今夜、クオリティーを見せてくれた。だから我々は彼と契約をしたんだ」

 今夏の移籍市場でビジャレアルから加わったカスティジェホを称賛したガットゥーゾ監督。ミランは次節、16日にカリアリとのアウェイゲームに臨む。一方のローマは同日、キエーヴォをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)