町田、早稲田大FW岡田優希が来季加入内定…今季の関東1部で首位タイ8得点

町田、早稲田大FW岡田優希が来季加入内定…今季の関東1部で首位タイ8得点

今季は早稲田大のキャプテンを務めている岡田優希(中央) [写真]=内藤悠史

 FC町田ゼルビアは9月2日、早稲田大学4年のFW岡田優希が来季より加入することが内定したと発表した。

 岡田は1996年生まれの22歳で、身長172センチメートルのFW。川崎フロンターレの下部組織出身で、U−12、U−15、U−18でのプレーを経て早稲田大に進学した。今季はキャプテンを務め、関東大学リーグ1部では前期(11試合)を終えて全試合に出場し、得点ランキング首位タイの8得点を挙げている。

 加入内定にあたり、岡田は以下のようにコメントしている。

「初めまして。来シーズンよりFC町田ゼルビアに加入します岡田優希です。私は川崎で生まれ育ちながらも、FC町田ゼルビアが社会人リーグから進化を遂げていく姿を目にしていました。今現在、J2で圧倒的な成績を残し、これからJ1を目指していく大きな挑戦に向かう、夢のあるチームの一員になれることを大変光栄に感じています」

「私自身、フィジカルや才能など全くない中、夢を必死に追いかけ、ゴールを奪って自分を証明することでここまできました。ゴールを奪うこと、決定力やシュートパターン、ゴールへの嗅覚は誰にも負けません」

「そして私は、プロサッカー選手に『なりたい』ではなく『なる』、試合に『勝ちたい』ではなく『勝つ』、ゴールを『奪いたい』ではなく『奪う』と言い切る形での覚悟を持つことを大事にしてきました。FC町田ゼルビアという大きな夢のあるクラブの一員として参加させていただくからには、J1に『上がりたい』ではなく、『上がる』という覚悟を持ち、それをプレーで体現することを誓い、夢の実現に向けて全身全霊で取り組んで参ります。クラブの皆様、ファン・サポーターの皆様、どうぞよろしくお願い致します」

関連記事(外部サイト)