フランクフルト復帰のトラップ、ブレーメン戦には「失望している」

フランクフルト復帰のトラップ、ブレーメン戦には「失望している」

ブレーメン戦の感想を語ったトラップ [写真]=Getty Images

 今シーズンからフランクフルトでプレーするドイツ代表GKケヴィン・トラップが、ブレーメン戦の感想を語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が2日に伝えている。

 現在28歳のトラップは、2012−13シーズンからの3シーズンはフランクフルトでプレーし、2015年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入。PSGでは加入初年度こそ定位置を確保していたものの、2シーズン目からはフランス代表GKアルフォンス・アレオラの台頭によって出場機会が減少。今夏、古巣フランクフルトにレンタル移籍で復帰した。

 今シーズンのデビュー戦となったブレーメン戦の敗戦について、トラップは「とても残念だ。失望している。負けてしまったからね。あの時間にフリーキックを与える必要はなかったと思う」と振り返った。一方で「チームとして精力的にプレーできていた。僕自身も最初からうまくマッチできたよ」と語った。

関連記事(外部サイト)