武藤雄樹が2得点! ACL出場権を狙う浦和、鹿島に逆転勝利で5位浮上

武藤雄樹が2得点! ACL出場権を狙う浦和、鹿島に逆転勝利で5位浮上

2ゴールの活躍を見せた武藤(写真は第28節柏戦のもの) [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第30節が20日に行われ、浦和レッズが鹿島アントラーズを3−1で下した。試合は38分、山本脩斗のクロスから西大伍がボレーシュートを叩き込み、鹿島が先制。しかし、浦和は52分に岩波拓也のヘディングシュートで同点に追い付く。60分には武藤雄樹がペナルティエリア手前からミドルシュートを突き刺して逆転に成功。後半アディショナルタイムには武藤がドリブル突破から追加点を挙げ、浦和が鹿島に勝利した。

 勝利した浦和は勝ち点を「45」に伸ばし、暫定5位に浮上。敗れた鹿島の順位は変わらず、暫定3位となっている。次節、浦和は11月3日にホームでガンバ大阪と、鹿島は10月31日にホームでセレッソ大阪と対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 3−1 鹿島アントラーズ

【得点者】
0−1 38分 西大伍(鹿島)
1−1 52分 岩波拓也(浦和)
2−1 60分 武藤雄樹(浦和)
3−1 90+3分 武藤雄樹(浦和)

【スターティングメンバー】
浦和レッズ(3−3−2−2)
西川周作;岩波拓也、マウリシオ、槙野智章;森脇良太(72分 柴戸海)、青木拓矢、宇賀神友弥;長澤和輝(78分 阿部勇樹)、柏木陽介;武藤雄樹、興梠慎三(85分 アンドリュー・ナバウト)

鹿島アントラーズ(4−4−2)
クォン・スンテ;西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗(82分 山口一真);遠藤康(66分 小田逸稀)、永木亮太、小笠原満男(62分 鈴木優磨)、安西幸輝;土居聖真、セルジーニョ

関連記事(外部サイト)