不振が続くレアル、ロペテギ監督「流れを変えなければ」…自身の去就にも言及

不振が続くレアル、ロペテギ監督「流れを変えなければ」…自身の去就にも言及

去就について語ったロペテギ監督 [写真]=SOPA Images/Getty Images

 レアル・マドリードのフレン・ロペテギ監督が、1−2で敗れたリーガ・エスパニョーラ第9節のレバンテ戦を振り返った。同監督のコメントを20日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードは公式戦直近5試合で1分4敗と苦しい状況が続いている。また、深刻な得点力不足に悩まされており、同試合でブラジル代表DFマルセロが得点を挙げるまで、公式戦で481分間もの間ゴールから遠ざかるという不名誉な記録を樹立した。このような状況を受け、ロペテギ監督の解任も噂されている。

 試合後、ロペテギ監督は自身の進退について問われると、「去就について考えたことはない。私がしなければならないことは、火曜日の重要な試合(チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節ヴィクトリア・プルゼニ戦)に向けて選手たちを立ち上がらせることだ」と話した。

 続けて、ロペテギ監督は試合内容とチームの状況についてコメント。勝てない現状が続いているが、チームを良くするために最善を尽くしたいと語った。

「今日の試合での我々の出来は勝利に値するものだったと思う。フットボールは奇妙なものだよ。より多くのゴールを決めたチームが試合に勝つ。我々は多くのチャンスを作ることはできたが、ゴールが遠かった。試合に勝つためには今の流れを変えなければならない」

「私はここでの仕事を続けていくことに、かつてないほどのやる気を持っている。チームはピッチで力を出し尽くした。今の悪い状況を打破し、前に進める時が絶対にやって来る。ロッカールームの雰囲気は暗いものになってしまっているが、我々はこの状況を変えたいという強い意志を持っている。とにかく、今は次の試合のことだけを考えている」

関連記事(外部サイト)