S・ラモスが練習で21歳DFにブチ切れ…SNSで謝罪「すべきじゃなかった」

S・ラモスが練習で21歳DFにブチ切れ…SNSで謝罪「すべきじゃなかった」

S・ラモス(左)がレギロン(右)にブチ切れ [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 レアル・マドリードの主将を務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、21歳のスペイン人DFセルヒオ・レギロンに謝罪した。発端は、トレーニングでの一幕にあった。

 22日のトレーニングで、選手たちはボールを手でパスする練習を行っていた。ボールを持っていたS・ラモスに対し、レギロンは横っ飛びでカットを狙う。すると、レギロンの体がS・ラモスの顔に接触。これに激怒したS・ラモスは、レギロンめがけて2度ボールを蹴りつけた。

 練習後、S・ラモスは自身の公式ツイッターを更新。「そうは見えなかったかもしれないけど、あれはいたって普通の状況だった。でもそれは言い訳にならない。あのようなリアクションはすべきじゃなかった。僕たちはいつだって全力だ、そうだろレギ? 最後はみんなで勝利するんだ」と述べ、レギロンに対して謝罪した。この投稿にレギロンも反応。「いつもチームとともに、キャプテンとともにある。明日の勝利のために!」と綴っており、S・ラモスとの間に問題はなさそうだ。

 レアル・マドリードは23日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でヴィクトリア・プルゼニをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)