イカルディ、ダービーは「僕たちが勝利にふさわしかった」…指揮官も称賛

イカルディ、ダービーは「僕たちが勝利にふさわしかった」…指揮官も称賛

インテルを勝利に導いたイカルディ [写真]=Inter/Inter via Getty Images

 21日に行われたセリエA第9節で、インテルはミランを1−0で下して公式戦7連勝を飾った。“ミラノ・ダービー”での劇的勝利に、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディとルチアーノ・スパレッティ監督も喜びを表している。

 後半アディショナルタイム2分に値千金の決勝点を挙げたイカルディは、「素晴らしい試合ができたし、僕たちが勝利にふさわしかった」と満足げに語った。その上で、「チャンスをたくさん作れていたし、ポストに嫌われたりオフサイドの判定で取り消された場面もあった。シュート数も多かったし、間違いなくインテルが勝利に値した」とコメント。勝利は必然のものだったとした。そして、「多くのサポーターの声援を受けながら戦った」と続け、後押しに感謝している。

 指揮を執るスパレッティ監督も、「我々は勇気を見せたし、試合で自分たちの能力を出した」とチームの姿勢を称えた。決勝点のイカルディとそれを演出したウルグアイ代表DFマティアス・ベシーノについても「マティアス・ベシーノのクロスは、生まれ持った才能によるものだ。イカルディのゴールもそうだ」と活躍ぶりに満足している。最後の最後にようやくゴールが生まれたが、同監督は「戦う姿勢を見せることで、運もこちらに味方するようになるものだ」と繰り返し選手たちのメンタリティーを称賛した。

 インテルは、24日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でバルセロナと対戦する。

関連記事(外部サイト)