イラン王者ペルセポリス、ACL決勝進出…シャビら擁するアル・サッドは敗退

イラン王者ペルセポリス、ACL決勝進出…シャビら擁するアル・サッドは敗退

イラン王者のペルセポリスが初のACL決勝進出を果たした [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝セカンドレグが23日に行われ、ペルセポリス(イラン)とアル・サッド(カタール)が対戦。1−1の引き分けに終わり、ペルセポリスが2試合合計2−1で決勝進出を果たした。

 今月2日に行われたファーストレグでは、イラン王者のペルセポリスが1−0と敵地で先勝。優位に立っていた。セカンドレグでは、元スペイン代表MFシャビやMFガビらを擁するアル・サッドが17分に先制。アウェイゴールを奪って2試合合計スコアをタイに戻した。しかし後半開始早々の49分、ペルセポリスが同点ゴールを記録。終盤はアル・サッドが攻勢をかけて勝ち越しを狙ったが、及ばなかった。

 ペルセポリスはACL初制覇を目指し、11月3日と10日に行われる決勝に臨む。なお、準決勝セカンドレグのもう1試合は24日に開催。ファーストレグを3−2で制している鹿島アントラーズ(日本)が、初の決勝進出を目指して水原三星(韓国)とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)