マルシャル、マンUの新契約オファーを拒否か…交渉は今後も継続へ

マルシャル、マンUの新契約オファーを拒否か…交渉は今後も継続へ

去就に注目が集まっているマルシャル [写真]=MB Media/Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルが、同クラブから提示された新契約のオファーに断りを入れたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に報じている。

 報道によると、マルシャルがマンチェスター・Uから新契約を提示されたものの、断りを入れたという。1年の延長オプションが盛り込まれているものの、現行契約が来夏で満了となることから、同選手の去就には注目が集まっている。今回の報道では、交渉は決裂したわけではなく、今後も継続していくこととなるようだ。

 なおフランスメディア『RMC SPORT』の報道を引用した『スカイスポーツ』が22日に伝えたところによれば、マルシャルはジョゼ・モウリーニョ監督との関係が修復されたことを受け、新契約締結への準備を整えたとのことだった。

 マルシャルは1995年生まれの22歳。リヨンの下部組織出身で、2013年夏にモナコへ加入した。そして2015年夏、マンチェスター・Uに加入。1年の延長オプションが付いた4年契約を締結した。マンチェスター・Uでは1年目にプレミアリーグ31試合出場11得点を記録したものの、2年目は4得点、昨シーズンも9得点と思うような成績を残せず。今シーズンは第9節終了時点で6試合出場3得点を記録している。

関連記事(外部サイト)