アザール獲りへ…ベルギー代表監督がレアルの新監督候補に浮上

アザール獲りへ…ベルギー代表監督がレアルの新監督候補に浮上

レアル・マドリードの新監督候補に挙げられるマルティネス監督 [写真]=Getty Images

 ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が、レアル・マドリードの新監督候補に挙がっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が30日に伝えている。

 レアル・マドリードは29日、フレン・ロペテギ監督の解任を発表。昨シーズンまでチェルシーを率いたアントニオ・コンテ氏の新監督就任が有力視されていた。しかし、同紙によるとレアル・マドリードの数選手がコンテ氏の招へいに反対している模様。そこで、マルティネス監督が候補に挙がっているようだ。

 また、レアル・マドリードはチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの獲得を画策しているという。マルティネス監督との交渉が成立すれば、同監督を介してアザールの獲得に動くことになりそうだ。

 マルティネス監督は2016年8月にベルギー代表の指揮官に着任すると、2018 FIFAワールドカップ ロシアのヨーロッパ予選において無敗で本大会進出を決め、本大会でも同代表を3位に導いた。

関連記事(外部サイト)