愛媛、びわこ成蹊スポーツ大学MF清川流石の加入内定「愛媛から代表へ」

愛媛、びわこ成蹊スポーツ大学MF清川流石の加入内定「愛媛から代表へ」

愛媛、びわこ成蹊スポーツ大学MF清川流石の加入内定「愛媛から代表へ」の画像

 愛媛FCは31日、びわこ成蹊スポーツ大学MF清川流石の2019シーズン加入内定を発表した。

 プロ入りが決まったことを受け、清川は愛媛のクラブ公式HPでコメントを発表している。

「愛媛FCからオファーをいただき、憧れのJの舞台でプレーが出来ると共に、ジュニアユース時代から育てていただいた縁のあるクラブでプレーが出来ることを大変嬉しく思っています。自分の強みでもあるスピードを活かし、1試合でも多く試合に出て活躍し、アカデミー・大学時代の先輩でもある曽根田穣選手(現・ヴァンフォーレ甲府)と対戦したいと思っています。そして、将来は愛媛FCから日本代表入りし、愛媛県に貢献出来るように頑張りたいです」

 清川は愛媛県松山市出身で、身長176センチ・体重72キロという体格の持ち主だ。愛媛のジュニアユース(現U−15)ユース(現U−18)、を経て、びわこ成蹊スポーツ大学に進学していた。

関連記事(外部サイト)