リヴァプールにラムジー獲得の意思なし…チェルシーも撤退の可能性

リヴァプールにラムジー獲得の意思なし…チェルシーも撤退の可能性

アーセナル退団が決定的なラムジー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 今シーズン限りでのアーセナル退団が決定的となっているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーだが、移籍先の候補として挙がっていたリヴァプールは関心を持っていないようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11月1日付で報じている。

 同メディアによると、リヴァプールは今夏の移籍市場でギニア代表MFナビ・ケイタやブラジル代表MFファビーニョといった面々を獲得しており、ラムジーをスカッドに加える意思はない模様だ。また、同選手を巡ってはチェルシー移籍の可能性も伝えられていたが、同日付のイギリス紙『デイリースター』によれば、イングランド代表MFロス・バークリーと同代表MFルベン・ロフタス・チークが上々のプレーを見せていることから、チェルシーもラムジー獲得の必要性を再考しているという。

 ラムジーの移籍先候補には国内外の多くのクラブが挙がっていたものの、ここにきてリヴァプールとチェルシーが選択肢から消えることとなりそうだ。今後の動向に注目が集まる。

関連記事(外部サイト)