「彼の名に恥じぬように」…亡き会長のためにレスターのエースが勝利誓う

「彼の名に恥じぬように」…亡き会長のためにレスターのエースが勝利誓う

「彼の名に恥じぬように」…亡き会長のためにレスターのエースが勝利誓うの画像

 レスターの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、ヘリコプター墜落事故で命を落としたヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長への思いを語った。イギリスメディアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに自身やチームの心境を語った。

 レスターの会長を務めていたスリヴァッダナプラバ氏は、先月27日に行われた試合のあと、スタジアムから飛び立ったヘリコプターが墜落する事故により命を落とした。

 ヴァーディは、スカイスポーツの独占インタビューで、選手が会長への思いを胸にプレーし続けることがとても重要だと感じたようだ。

「僕たち選手たちはプレーしたい。会長もそれを望んでいるだろうからね。僕たちはプレーし続けるよ」

「何をすべきかは分かっている。ピッチに出て、彼の名に恥じないようなパフォーマンスを見せなければならないんだ。それが勝利に繋がることを願っている」

「試合は常にタフだし、僕たちは感情的かもしれない。ただ、今週末の試合について僕たちは話し合った。結果は関係ないと周囲は言っているが、僕らはみんな良い結果にしたいと思っているんだ」

「彼は単なる会長ではなかった。文字通り大家族の一員だった。相手が誰であっても時間を割いてくれたし、残された写真でも分かるようにいつも笑顔だった。そういう姿を決して忘れることはないよ」

 スリヴァッダナプラバ氏の死去以来最初の試合となるプレミアリーグ第11節カーディフ・シティ戦は、11月3日に行われる。