マンU、ユーヴェのポルトガル代表DF獲得を目指す…同郷のモウリーニョ自ら希望

マンU、ユーヴェのポルトガル代表DF獲得を目指す…同郷のモウリーニョ自ら希望

ユヴェントスで活躍するカンセロ [写真]=Simon Stacpoole/Offside/Getty Images

 マンチェスター・Uがユヴェントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得に動いているようだ。イタリア紙『トゥット・スポルト』が2日付で報じている。

 現在8位につけ、スタートダッシュに失敗したマンチェスター・Uは、守備陣の補強が急務となっている。同クラブのモウリーニョ監督も補強が必要だと語っており、同紙によるとカンセロの獲得を目指しているようだ。

 同じくポルトガル出身のモウリーニョ監督はかねてよりカンセロをチェックしており、同監督自ら獲得を希望したとみられている。しかし、同紙が報じるところによると、風向きはよくない模様だ。

 同紙によると、ユヴェントスは今冬そして来夏の移籍市場でのオファーを受け付けない姿勢を見せているという。

 現在24歳のカンセロはベンフィカのユース出身で、トップチームに昇格後2014年にローンでバレンシアに移籍。その後2015年には完全移籍を果たした。2017年夏にインテルへ買い取りオプション付きでローン移籍し、セリエAで実績を残すと、インテルがオプションを行使せず今夏の移籍市場でユヴェントスへ完全移籍。2023年までの5年契約を結んでいる。

関連記事(外部サイト)