ブラインドサッカー日本代表、アルゼンチンに初得点も3失点で敗戦

ブラインドサッカー日本代表、アルゼンチンに初得点も3失点で敗戦

キャプテンの川村怜がアルゼンチン相手に日本初得点を記録

 NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)と11月4日(日)に町田市立総合体育館で「ブラインドサッカー チャレンジカップ2018」を初開催。会場には1858名が来場した。

 ブラインドサッカー日本代表(世界ランク9位)は、世界選手権2018準優勝のアルゼンチン代表(世界ランク2位)と対戦。試合は1−3で敗れた。

 前半の立ち上がりは日本がアルゼンチン陣地に攻め込み、前半3分ゴール前の混戦から粘り強いプレーで川村怜が抜け出し、対アルゼンチン戦で日本初ゴールとなる先制点を奪う。対するアルゼンチンは、前半終了間際の19分に自陣でフェデリコ・アッカルディがボールを奪うと中央突破からディフェンス3人をかわし同点ゴールを挙げて前半を1−1で終えました。

 後半はアルゼンチンペースで試合が進む。後半10分、17分にマキシミリアーノ・エスピニージョが追加点を奪い、3−1でアルゼンチンが勝利した。MVPにはアルゼンチンのマキシミリアーノ・エスピニージョが選ばれている。

 試合後、日本の高田敏志監督は「ボールが前に入るようになり、点を取るチャンスもあった。先制した後、日本の攻撃ラインが下がったのは、『守れ』という指示を出すと下がってしまう傾向が日本人にはあり、その部分に関してマネジメントを実行できなかった。ただ、前回対戦した時は、サイドにふられていたが、今日の試合はその部分を防ぐことができ、相手のやりたかったことをさせなかった」と手応えを口にした。

 2得点を決めたアルゼンチンのマキシミリアーノ・エスピニージョについては「ブラジルのリカルドと並ぶ世界的選手で、ラグビーのようなパワープレーで個の力で点を決められた」と振り返っている。