アーセナルのトレイラ、ヴィエラ氏との比較を喜ぶ「非常に誇らしい」

アーセナルのトレイラ、ヴィエラ氏との比較を喜ぶ「非常に誇らしい」

今季からアーセナルでプレーしているルーカス・トレイラ [写真]=AMA/Getty Images

 アーセナルに所属するウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが、元フランス代表のパトリック・ヴィエラ氏と自身のプレーを比較する声があがっていることに喜びを示した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日に報じている。

 トレイラは今夏の移籍市場でサンプドリアからアーセナルに加入。1年目ながらチームにフィットし、中盤での対人守備で存在感を見せている。プレミアリーグでは第11節終了時点で全11試合に出場(先発は6試合)。上々の滑り出しを見せている。

 トレイラは「もしファンが自分や自分のプレーとパトリック・ヴィエラを比較しているのなら、それは素晴らしいことだ。非常に誇らしいし、彼に近づけるように成長していかないとね!」とコメント。レジェンドとの比較の声があがっていることについて喜びを語った。

「彼は素晴らしい選手だった。ウルグアイにいた頃、朝起きて(アーセナルの)試合を観たときのことを覚えているよ。選手としてもっと成長し続けていきたいし、チームのためにベストを尽くしたい」

 トレイラは1996年生まれの22歳。2015年夏にペスカーラからサンプドリアへ完全移籍で加入し、2015−16シーズンはレンタル移籍でペスカーラに残留した。2016−17シーズンからサンプドリアでプレーし、同クラブで通算71試合に出場。ウルグアイ代表の一員としても活躍し、2018 FIFAワールドカップ ロシアでは全5試合に出場してベスト8進出に貢献している。

関連記事(外部サイト)