鎌田大地が2ゴール! 2戦連発で今季8得点目をマーク…冨安と豊川も出場

鎌田大地が2ゴール! 2戦連発で今季8得点目をマーク…冨安と豊川も出場

今季絶好調の鎌田大地 [写真]=Getty Images

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第15節が10日に行われ、シント・トロイデンはアウェイでオイペンと対戦。鎌田大地が貴重な2点を挙げ、4−1で勝利した。シント・トロイデンは冨安健洋、鎌田がフル出場。遠藤航はベンチ入りしたが出番はなかった。また、オイペンのFW豊川雄太は先発出場し、87分に交代している。

 日本人3選手が先発した同試合を動かしたのは今季絶好調の鎌田だった。13分、鎌田はスルーパスに抜け出すとGKとの1対1を冷静に制してゴール。シント・トロイデンに先制点をもたらした。

 また、2−0で迎えた55分にはシント・トロイデンがゴール前でフリーキックを獲得。キッカーがシュートではなく壁の脇を通すパスを選択すると、鎌田が走り込み右足で同試合2点目を決めた。

 その後、シント・トロイデンは1点を許すが80分にダメ押し弾を決め勝負あり。4−1で試合は終了し、シント・トロイデンが2連勝を飾った。

 シント・トロイデンは6勝6分け3敗の勝ち点24で暫定5位、2連敗のオイペンは5勝1分け9敗の勝ち点16で暫定11位となっている。

【スコア】
オイペン 1−4 シント・トロイデン

【得点者】
0−1 13分 鎌田大地(シント・トロイデン)
0−2 44分 デ・ノーレ(シント・トロイデン)
0−3 55分 鎌田大地(シント・トロイデン)
1−3 65分 ルイス・ガルシア(オイペン)
1−4 80分 ボリ(シント・トロイデン)

関連記事(外部サイト)