注目株のシュクリニアル、契約延長に前向き発言「何も心配することはない」

注目株のシュクリニアル、契約延長に前向き発言「何も心配することはない」

契約延長を示唆したシュクリニアル [写真]=Claudio Villa - Inter/Inter via Getty Images

 インテルに所属するスロベニア代表DFミラン・シュクリニアルが、契約延長を示唆しているようだ。イタリア紙『メディアセット』が報じた。

 現在23歳のシュクリニアルとインテルの現行契約は2022年まで。しかし最近、マンチェスター・Uやマンチェスター・C、バルセロナといったビッグクラブが注目していると見られており、流出阻止に向けて新契約をオファーするといわれていたが、給与に関して希望に隔たりがあり交渉が難航していると一部報道がなされていた。

 今回シュクリニアルは、自身の新契約について次のように話し、前向きな姿勢を見せている。

「新契約? 現在は中3日で試合があるから話し合う時間がなかなかとれていないだけだよ。僕の契約については何も心配することなんてないんだ」

 シュクリニアルは、2017年夏にサンプドリアからインテルに加入。昨シーズンはセリエA38試合に出場し、主力選手としてチームに7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権をもたらした。今シーズンはここまで公式戦13試合に出場し、3位につける同チームを支えている。

関連記事(外部サイト)