ヴィツェル、レアル行きが噂されるマルティネス監督の去就に言及

ヴィツェル、レアル行きが噂されるマルティネス監督の去就に言及

レアル行きが噂されるマルティネス監督(右)について語ったヴィツェル(左) [写真]=NurPhoto/Getty Images

 ドルトムントに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、代表チームを率いるロベルト・マルティネス監督の去就について語った。同選手のコメントを10日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在、レアル・マドリードの次期指揮官候補としてマルティネス監督の名前が挙がっている。ヴィツェルはマルティネス監督に対するレアル・マドリードからの関心について以下のようにコメント。マルティネス監督が代表チームを去ることは痛手だが、もし関心が事実だったとしても驚くことではないと話した。

「僕たちは彼の下で強くなってきたし、彼がベルギー代表を非常に高いレベルまで引き上げてくれた。彼がいなくなるのは代表チームにとって非常に痛手だ。皆が彼の下でプレーできて幸せだと思う」

「レアル・マドリードが彼を欲しがっているのは驚くようなことではない。彼は近年素晴らしい功績を残してきたし、この前のワールドカップでも結果を出した。もし彼がオファーを受け入れたとしても、それは監督として当然の決断だと思うよ。なぜなら、あのレアル・マドリードからのオファーなのだからね」

 レアル・マドリードは10月29日にフレン・ロペテギ元監督を解任し、以前までレアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)を率いていたサンティアゴ・ソラーリ氏が現在は暫定的に指揮を執っている。

関連記事(外部サイト)