JFLの八戸、来季からのJ3昇格決定! 岡田武史氏がオーナーの今治は次節持越し

JFLヴァンラーレ八戸の来季J3昇格が決定 岡田武史氏がオーナーのFC今治は次節持越し

記事まとめ

  • 日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸が年間通算順位4位以内を確定させた
  • 来シーズンからのJ3参入条件を満たし、青森県初のJリーグ参入クラブとしてJ3を戦う
  • 元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーのFC今治は敗れ、4位以内確定は次節に持ち越し

JFLの八戸、来季からのJ3昇格決定! 岡田武史氏がオーナーの今治は次節持越し

JFLの八戸、来季からのJ3昇格決定! 岡田武史氏がオーナーの今治は次節持越し

JFLの試合が各地で行われた [写真]=by Masashi Hara/Getty Images

 日本フットボールリーグ(JFL)セカンドステージ第14節の試合が11日に各地で開催され、この結果ヴァンラーレ八戸が来シーズンからのJ3参入条件となる年間通算順位4位以内を確定させた。

 八戸はアウェイでヴィアティン三重と対戦し、3−1で勝利。この結果、4位以内でシーズンを終えることが確定し、来シーズンは青森県初のJリーグ参入クラブとしてJ3を戦う。

 一方、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治はアウェイでMIOびわこ滋賀に1−2で敗れた。同クラブは今節の勝利で八戸と同じく4位以内が確定したが、敗れたため次節持越しとなった。またソニー仙台FCにかわされ5位に順位を落としている。

 今治はJ3昇格のため、18日に行われる最終節でソニー仙台を抜き4位に入る必要がある。今治はホームでホンダロックSCと、昇格を争うはソニー仙台はホームにFCマルヤス岡崎を迎える。

関連記事(外部サイト)