南米王者を懸けたリベルタドーレス決勝第1戦、スーペルクラシコは激闘の末ドロー決着

南米王者を懸けたリベルタドーレス決勝第1戦、スーペルクラシコは激闘の末ドロー決着

激しい試合となったスーペルクラシコ [写真]=Getty Images

 11日、コパ・リベルタドーレス決勝第1戦が打ち合いの末、ドローに終わった。

 ボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートによる“スーペルクラシコ”が、初めてコパ・リベルタドーレスの決勝で実現。荒天により11日に延期されたボカ・ジュニオルスのホームの第1戦は激戦となった。

 先制したのはボカ。ラモン・アビリャのゴールでリードしたが、わずか1分でリーベル・プレートが同点ゴール。試合をすぐさま振り出しに戻した。

 しかし、それでも前半終了間際にはボカが再び勝ち越しに成功。リードして折り返すが61分にオウンゴールで追いつかれると、そのまま2−2で終了。決勝第1戦は激闘の末、引き分けに終わっている。

 なお、第2戦はリーベル・プレートのホームで24日に行われる予定となっている。

【スコア】
ボカ・ジュニオルス 2ー2 リーベル・プレート

【得点者】
1−0 34分 アビリャ(ボカ・ジュニオルス)
1−1 35分 プラット(リーベル・プレート)
2−1 45+1分 ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
2−2 61分 イスキエルド(OG)(リーベル・プレート)

関連記事(外部サイト)