【Jリーグ】アルビレックス新潟、早川史哉との契約凍結を解除 急性白血病で骨髄移植

記事まとめ

  • アルビレックス新潟は急性白血病の治療で契約凍結していたDF早川史哉の契約凍結を解除
  • 早川は2016年4月にリンパ節に腫れが認められ精密検査の結果、急性白血病と診断された
  • 早川は1994年生まれの24歳で、新潟の下部組織から筑波大学に進学し2016年に新潟に加入

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております