自動昇格目指して最終節へ…横浜FCがファン・サポーターへの「お願い」掲載

自動昇格目指して最終節へ…横浜FCがファン・サポーターへの「お願い」掲載

J1昇格を目指してJ2最終節に臨む横浜FC [写真]=Getty Images

 横浜FCは15日、「ファン・サポーターの皆さまへのお願い」と題した声明を公式HPに掲載した。

 横浜FCは明治安田生命J2リーグ第41節を終えて20勝13分け8敗、勝ち点「73」で4位につけている。首位の松本山雅FCとは3ポイント、2位の大分トリニータ、3位のFC町田ゼルビアとは2ポイント差で、17日に行われる最終節の結果次第ではJ1への自動昇格(2位以内でのフィニッシュ)が実現する可能性もある。

 重要な意味を持つ最終節、ヴァンフォーレ甲府とのアウェイゲームを2日後に控え、横浜FCは「自動昇格に向けて全力で取り組んでおります。ファン、サポーターの皆さま、ホームタウンの皆さま、クラブが一体となりチームをサポートし、最高のコンディションで選手が試合に臨めるよう下記ご確認の上ご協力を賜りますようお願いいたします」と記し、以下のように説明している。

 試合前日となる16日については、9時からのトレーニングの見学が可能である旨、トレーニング後のファンサービス対応への協力要請などとともに、13時以降はクラブハウス敷地内に立ち入ることができないと説明されている。

 そして試合当日の17日については、クラブハウス内は終日立ち入り禁止となり、「近隣住民の皆様のご迷惑となりますのでクラブハウス周辺でのチームバス、選手の帰宅待ちはできません。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします」と記されている。

 クラブ史上2度目となるJ1昇格を目指し、4位で最終節を迎える横浜FC。果たして、2位以内でのフィニッシュを果たせるだろうか。

関連記事(外部サイト)