ミラン、来夏にフリーでゴディン獲得か…レオナルド氏が接触し原則合意

ミラン、来夏にフリーでゴディン獲得か…レオナルド氏が接触し原則合意

ミラン加入が報じられたゴディン [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 ミランがアトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと来夏の加入で合意に達したようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が22日付で報じている。

 ゴディンの現行契約は来年6月で満了する。そのため、マンチェスター・Uをはじめ、複数ビッグクラブからの関心が寄せられていると報じられていた。契約延長も含めて去就に注目が集まっていたが、同紙によると、ミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が接触し、フリー移籍で来シーズンから加入することで原則合意に至ったという。

 現在32歳のゴディンは、ウルグアイのCAセロでプロデビュー。その後ナシオナル(ウルグアイ)、ビジャレアル(スペイン)を経て、2010年にアトレティコ・マドリードへ完全移籍で加入。以来、リーガ・エスパニョーラやヨーロッパリーグの2度の優勝に大きく貢献。ウルグアイ代表ではキャプテンを務めることもあり、出場数も100試合を超えている。

 ミランはケガ人が続出し、台所事情が厳しくなっているため、今冬への前倒しも報じられているが、ゴディンは果たして活躍の場を移すのだろうか、注目が集まっている。