香川真司、トルコのベシクタシュ移籍が決定!…長友佑都と“ライバル”に

香川真司、ドルトムントからベシクタシュにレンタル移籍 長友佑都もトルコで活躍

記事まとめ

  • ベシクタシュはドルトムントからMF香川真司をレンタル移籍で獲得したことを発表した
  • 原口元気と浅野拓磨が所属するハノーファーとのクラブ間合意も、香川はトルコを選んだ
  • 長友佑都が所属、最多21回優勝のガラタサライと同じイスタンブールを本拠地としている

香川真司、トルコのベシクタシュ移籍が決定!…長友佑都と“ライバル”に

香川真司、トルコのベシクタシュ移籍が決定!…長友佑都と“ライバル”に

イスタンブールに到着し熱烈な歓迎を受ける香川真司 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 スュペル・リグ(トルコ1部)のベシクタシュは1月31日、ドルトムントからMF香川真司を今シーズン末までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 香川は今シーズンの前半戦で公式戦4試合の出場にとどまり、出場機会に恵まれないことから、昨年11月にスペインへの移籍希望を公言。今冬はセビージャ、シュトゥットガルト、ボルドー、モナコなどへの移籍が報じられていた。また、移籍市場の最終日になってMF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーとのクラブ間合意が明らかとなったが、本人は昨夏にも噂されていたトルコに活躍の場を求めた。

 ベシクタシュは、通算15回のリーグ制覇を誇る名門。DF長友佑都が所属する最多21回優勝のガラタサライや、同19回のフェネルバフチェは、同じイスタンブールを本拠地としているライバルクラブで、過激なダービーマッチを繰り広げることでも知られている。今シーズンは第19節を終え、8勝6分5敗で6位。なお、長友との日本人対決が期待されるガラタサライとのダービーマッチは5月5日の第31節に行われる。

関連記事(外部サイト)