調子とゲーム感覚を取り戻した柴崎岳、決勝は「いい状態でピッチに立てる」

調子とゲーム感覚を取り戻した柴崎岳、決勝は「いい状態でピッチに立てる」

30日にトレーニングを行った柴崎岳 [写真]=Getty Images

「調子も感覚も取り戻している」。柴崎岳がAFCアジアカップUAE決勝を前に自信を口にした。

 所属するヘタフェでなかなか出場機会を得られていないこともあり、グループステージでは本調子のプレーができなかった。それでも試合を重ねることで徐々にコンディションを上げていき、準決勝のイラン戦では先制点の起点になるなど素晴らしいパフォーマンスを披露。自身の中でも手応えを感じている。

「1試合を除いてすべての試合に出て、試合ごとに調子もゲーム感覚も取り戻している。いい状態で決勝の舞台に立てるんじゃないかと思います」

 また、チームとしても厳しい戦いを勝ち上がってきたことで「より一体感を感じられる」と話した柴崎は、「タイトルがかかった一戦ですし、少なからずプレッシャーはあると思いますけど、いい緊張感、いいメンタルを持つことがパフォーマンスにつながると思います」と決戦に向けた意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)