2019年初戦で負傷交代も…宮市亮、大事には至らず別メニュー調整

2019年初戦で負傷交代も…宮市亮、大事には至らず別メニュー調整

ザンクトパウリでプレーする宮市亮 [写真]=Bongarts/Getty Images

 29日に行われたブンデスリーガ2部第19節・ダルムシュタット戦で負傷交代していたザンクトパウリのFW宮市亮だが、大事には至らなかったようだ。ザンクトパウリのクラブ公式ツイッターが30日に伝えている。

 2019年の初戦で先発出場した宮市は、37分にいきなり新年初ゴールをマーク。しかし後半に入って57分、右サイドでパスを受けると、自らボールを外に出し、右太ももをおさえながらピッチに座り込んだ。ピッチ脇で治療を受けた後、自身の足で歩いていたが、そのまま59分にMFバルデマル・ソボタと交代となった。

 ザンクトパウリは30日、クラブ公式ツイッターを更新。エアロバイクに乗る宮市の写真を掲載し、別メニューでトレーニングしていることを報告した。これまで幾度となくケガに悩まされてきただけにその状態が心配されたが、大事には至らず済んだ模様だ。なお、クラブ公式HPによるとマルクス・カウチンスキ監督は肉離れの可能性を示唆している。

関連記事(外部サイト)