ユヴェントスがアトレティコDFサヴィッチに関心…守備陣強化へ動く

ユヴェントスがアトレティコDFサヴィッチに関心…守備陣強化へ動く

アトレティコでプレーするサヴィッチ [写真]=Soccrates/Getty Images

 ユヴェントスが、アトレティコ・マドリードのモンテネグロ代表DFステファン・サヴィッチに関心を寄せているようだ。スペイン紙『アス』が30日付で報じている。

 ユヴェントスの守備陣では、今月の移籍市場でモロッコ代表DFメディ・ベナティアがクラブを去った。ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスを獲得したことで穴埋めは済んだと見られていたが、同紙によるとこれは一時的な戦力維持の意味合いが強く、来シーズン意向を見据えてサヴィッチ獲得を検討しているという。アトレティコ・マドリードとサヴィッチの現行契約は残り約1年半となっており、去就は不透明だ。

 現在28歳のサヴィッチは、2015年夏よりアトレティコ・マドリードでプレーしている。昨シーズンは公式戦37試合に出場。今シーズンはここまで公式戦16試合に出場している。現在はアキレス腱を痛めて離脱しているが、復帰に近づいているとのことだ。

 アトレティコ・マドリードはウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンの今シーズン終了後のインテル移籍が濃厚となっている。サヴィッチも退団となれば、守備陣の大幅な刷新を余儀なくされそうだ。

関連記事(外部サイト)