移籍市場最終日…ネイマール負傷のPSG、ウィリアンの電撃獲得を狙う

移籍市場最終日…ネイマール負傷のPSG、ウィリアンの電撃獲得を狙う

今季のプレミアリーグでは23試合に出場しているウィリアン [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンの獲得を狙っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が30日に報じている。

 報道によると、パリ・サンジェルマンが今冬の移籍市場最終日にウィリアンの電撃獲得を狙っているという。同クラブはブラジル代表FWネイマールが全治10週間程度を要する負傷に見舞われており、代役を探していると報じられている。

 ウィリアンは以前から移籍の可能性を取り沙汰され、昨年夏と今冬の移籍市場でバルセロナからの関心が伝えられていた。そして今回、パリ・サンジェルマンが移籍期限終了間際の電撃獲得を狙っているという。チェルシーと同選手の契約は2020年までとなっているが、果たして移籍は実現するだろうか。

 ウィリアンは1988年生まれの30歳。2013年夏にアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍した。今シーズンはプレミアリーグ第24節終了時点で23試合出場3得点を記録している。

関連記事(外部サイト)