「退団したいのなら、そうするべき」…サッリがアザールの移籍を容認か

「退団したいのなら、そうするべき」…サッリがアザールの移籍を容認か

サッリがアザールの移籍を容認か [写真]=Fantasista/Getty Images

 かねてからレアル・マドリードへの移籍願望を公言しているチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールだが、マウリツィオ・サッリ監督が移籍容認を示唆するコメントを残した。スペイン紙『マルカ』や同『アス』が30日付で報じている。

 アザールは昨夏の移籍市場でもレアル・マドリードへの移籍が取り沙汰された。最終的にチェルシー残留を決断したものの、2020年6月までとなっている契約の更新には応じておらず、依然として移籍の噂は絶えない。そんな中、サッリ監督が同選手の去就について言及。残留を望んでいるとしたが、無理に引き留めない意向を示している。

「エデンは28歳だ。もし彼が退団したいのなら、そうするべきだよ。もちろん、私は逆のことを願っているさ。彼には残ってほしい。彼はヨーロッパのベストプレーヤーになる素質を持っている」

 サッリ監督はこのように語り、アザールの意思を尊重するという考えを明かした。今後、同選手の移籍報道は過熱していきそうだ。

関連記事(外部サイト)