「負けるべくして負けた」…ユーヴェのアッレグリ監督、完敗を認める

「負けるべくして負けた」…ユーヴェのアッレグリ監督、完敗を認める

ユヴェントスのアッレグリ監督 [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア準々決勝が30日に行われ、4連覇中のユヴェントスはアタランタとアウェイで対戦し、0−3で敗れた。試合後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は完敗を認めている。

 大会5連覇を目指すユヴェントスだったが、27分にジョルジョ・キエッリーニが負傷交代するアクシデントに見舞われると、37分、39分と連続失点を喫してしまう。苛立ちを募らせたアッレグリ監督は前半の内に退席処分を命じられた。86分にはアトランタへ決定的な3点目を献上。ユヴェントスは良いところなく敗れ、大会5連覇の夢が散った。同監督はアタランタを称え、敗戦を受け入れている。

「まずアタランタを称賛しなければならない。彼らは勇敢にプレーしていた。我々はエナジーが少し欠けていた。ラツィオ戦では終了間際に勝ち越すことができたが、今回は再現することができなかった。今日はゴールを決めることができず、0−3で久しぶりに敗れた。今夜は負けるべくして負けた」

 ユヴェントスはこれがイタリア国内における今シーズン初黒星となった。文字通りの完敗を喫してしまったが、立て直すことができるだろうか。次戦は2月2日、セリエA第22節でパルマ・カルチョをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)