エヴァートン、37億円のオファーを拒否…MFゲイェ、PSG移籍破談に落胆

エヴァートン、37億円のオファーを拒否…MFゲイェ、PSG移籍破談に落胆

ゲイェのエヴァートン残留が決まった [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属するセネガル代表MFイドリッサ・ゲイェは同クラブに残留することとなった。1日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ゲイェはパリ・サンジェルマン移籍が濃厚とされており、エヴァートンは同選手に対してオファーも受けていた。当初2150万ポンド(約30億円)のオファーが拒否され、パリ・サンジェルマンは再び2620万ポンド(約37億円)の移籍金を提示したようだ。

 同選手は自身のパリ・サンジェルマン加入を実現させるため、移籍志願書を提出。個人交渉へと移ろうと動いていたとのことだが、最終的にはエヴァートンがオファーを承諾しなかったことから移籍の交渉は破談に終わった。

 同メディアによるとゲイェはこの事態にひどく落胆しているようだ。来夏の移籍市場で再びフランス移籍実現を希望していると、複数メディアにより伝えられている。

関連記事(外部サイト)