無敗対決はFC東京に軍配! 名古屋相手に1点を守り切り完封勝利

無敗対決はFC東京に軍配! 名古屋相手に1点を守り切り完封勝利

無敗対決はFC東京が制した [写真]=Masashi Hara/Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第4節が17日に行われ、FC東京と名古屋グランパスが対戦した。

 前半立ち上がりから攻撃をしかけるのはFC東京。中盤のプレッシャーを強め長短のパスで名古屋のDFラインの裏を狙う。しかし、最初に決定機を迎えたのは名古屋だった。17分、ジョーがDFをひきつけ、ガブリエル・シャビエルがフリーでシュートを放つも、林彰洋がスーパーセーブでチームを救った。

 後半に入り54分、東慶悟が左サイドから、スルーパスをだすと、快速を活かして永井謙佑がDF2人の間に入り込み、ペナルティエリア内へ進入。GKとの1対1を落ち着いて制し、先制ゴールを記録した。

 その後もFC東京が効果的な守備で名古屋に決定機を作らせず、このまま試合は終了。ホームのFC東京が開幕3連勝の名古屋を1−0で下した。

 次節、FC東京は30日にアウェイで浦和レッズと、名古屋は同日にホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
FC東京 1−0 名古屋グランパス

【得点者】
1−0 54分 永井謙佑(FC東京)

【スターティングメンバー】
FC東京(4−2−2)
林彰洋;室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也;久保建英(67分 大森晃太郎)、橋本挙人、萩洋次郎、東慶悟;ディエゴ・オリヴェイラ(89分 ジャエル)、永井謙佑(79分 田川亨介)

名古屋グランパス(4−4−2)
ランゲラック;宮原和也(66分 相馬勇紀)、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊;ガブリエル・シャビエル、米本拓司(85分 長谷川アーリアジャスール)、ジョアン・シミッチ、和泉竜司;赤崎秀平(46分 マテウス)、ジョー

関連記事(外部サイト)