G大阪、ユニフォーム偽造品の購入について注意喚起…調査、対策中と報告

G大阪、ユニフォーム偽造品の購入について注意喚起…調査、対策中と報告

G大阪は明治安田生命J1リーグ第4節を終えて2勝2敗の9位 [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪は18日、「ガンバ大阪レプリカユニフォーム 偽造品(ニセモノ)について」と題した声明を公式HPに掲載した。

 G大阪は(最近、ネットショップやインターネットオークションサイト等を通じて販売される『ガンバ大阪ユニフォーム』の一部に粗悪な偽造品(ニセモノ)が出品されております」と報告。偽造品の定義については「マーク・ロゴ・形態等の商標権を不正に模倣して使用し製造された商品のことを指します」としている。

 そしてG大阪は、以下のように説明している。

「製造販売元のデサントジャパン株式会社と弊クラブで連携し、偽造品(ニセモノ)に対し調査を進め対策に努めております。お客様におかれましても、正規販売店以外からの購入やオークションサイト等による購入の際には、偽造品のリスクがあり得ることご理解いただき十分ご注意いただいますようお願いいたします」

関連記事(外部サイト)