メッシが代表復帰も不発…アルゼンチン、ベネズエラに3失点敗戦

メッシが代表復帰も不発…アルゼンチン、ベネズエラに3失点敗戦

アルゼンチンはメッシの復帰戦を勝利で飾れず [写真]=Soccrates/Getty Images

 国際親善試合が22日に行われ、アルゼンチン代表はワンダ・メトロポリターノ(スペイン)でベネズエラ代表と対戦し、1−3で敗れた。

 アルゼンチンはついにエースのリオネル・メッシがロシア・ワールドカップ以来の復帰。しかし先制したのはベネズエラだった。開始6分、ロベルト・ロサレスの絶妙なロングパスにサロモン・ロンドンが反応すると、トラップから右足ボレーを叩き込み先制点を奪った。ベネズエラはさらに44分、ジェイソン・ムリージョがエリア左から右足シュートをゴール右隅に突き刺し、リードを2点に広げる。

 アルゼンチンの反撃が実ったのは後半に入って59分。ジオヴァニ・ロ・チェルソが左サイドからエリア中央へスルーパスを送ると、走り込んだラウタロ・マルティネスがワンタッチで左隅に流し込み、1点を返す。しかし75分には相手にPKを与えてしまい、これをホセフ・マルティネスに決められて再び2点差に戻された。このまま試合は終了し、アルゼンチンはメッシが復帰して迎えた新年初戦で黒星スタートとなった。

【スコア】
アルゼンチン代表 1−3 ベネズエラ代表

【得点者】
0−1 6分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ)
0−2 44分 ジェイソン・ムリージョ(ベネズエラ)
1−2 59分 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)
1−3 75分 ホセフ・マルティネス(PK/ベネズエラ)

関連記事(外部サイト)