ポグバ、今夏にマンU退団を希望…レアル行きかユーヴェ復帰の2択か

ポグバ、今夏にマンU退団を希望…レアル行きかユーヴェ復帰の2択か

ポグバはマンチェスター・Uを退団するようだ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバは今夏の移籍市場で同クラブを退団するようだ。25日にスペイン紙『アス』が報じている。

 ポグバは今冬の移籍市場でもマンチェスター・U退団を図っていた。当時クラブを率いていたジョゼ・モウリーニョ氏と不仲であったこともあり、退団は濃厚とされていたが最終的には残留が決定。オーレ・グンナー・スールシャール監督の就任を機に、ポグバの調子が急激に上がったことから、絶対的エース格として今後の活躍も期待された。

 しかし、同紙によるとポグバは新たな挑戦を求めてマンチェスター・U退団を望んでいるようだ。今シーズンで3年目を迎える同選手は、レアル・マドリードへの移籍かユヴェントス復帰を希望しており、今夏の移籍市場で代理人とともに強行突破を図るという。マンチェスター・U側も、適切な移籍金が支払われた場合、売却に応じるとのことだ。

 これを受け、レアル・マドリードとユヴェントスのポグバを巡った争奪戦は本格化することが見込まれる。レアル・マドリードは指揮官の座に復帰したジネディーヌ・ジダン監督の存在を最大限にまで利用し、ポグバを説得するようだ。一方のユヴェントスはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとプレーできるといった点でポグバを魅了するという。

関連記事(外部サイト)