マンU、クロース獲得に本腰か…レアルも約72億円で売却に応じると英紙

マンチェスター・Uがレアル・マドリードのトニ・クロースに関心か 移籍金は72億円

記事まとめ

  • マンチェスター・Uがレアル・マドリードに所属するMFクロースに関心を示しているそう
  • クロースは、同クラブにて通算226試合に出場し13ゴール58アシストを記録
  • レアルは移籍金を5000万ポンド(約72億円)に設定しているという

マンU、クロース獲得に本腰か…レアルも約72億円で売却に応じると英紙

マンU、クロース獲得に本腰か…レアルも約72億円で売却に応じると英紙

マンチェスター・Uはクロースの獲得を狙っている [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uはレアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの獲得に関心を示している。25日にイギリス紙『メトロ』が報じた。

 クロースは2014−15シーズンにバイエルンからレアル・マドリードへと加入。同クラブにて通算226試合に出場し13ゴール58アシストを記録している。チャンピオンズリーグ3連覇に大きく貢献するなど、世界有数のミッドフィールダーとして高く評価されるようになった。

 マンチェスター・Uは長らくクロースの獲得を希望していたが、今夏の移籍市場でいよいよ本腰を入れる模様。レアル・マドリードは同選手の移籍金を5000万ポンド(約72億円)に設定し、その金額が支払われれば売却に応じるという。

 クロース自身もレアル・マドリード退団を前向きに検討しており、新たな挑戦を求めているようだ。同紙によるとフランス代表MFポール・ポグバとのトレード移籍が行われる可能性もあると伝えられている。

関連記事(外部サイト)