讃岐、DF西野貴治が右アキレス腱断裂で手術…全治6カ月と発表

讃岐、DF西野貴治が右アキレス腱断裂で手術…全治6カ月と発表

カマタマーレ讃岐は西野貴治の負傷を発表した

 カマタマーレ讃岐は26日、DF西野貴治が右アキレス腱断裂で全治6カ月と診断されたことを発表した。

 西野は、17日に行われた明治安田生命J3リーグ第2節ブラウブリッツ秋田戦で負傷。19日に高松市内の病院で手術を受けたという。

 西野は1993年生まれの25歳。昨季はガンバ大阪U−23の一員として明治安田生命J3リーグで25試合出場2得点、JリーグYBCルヴァンカップで2試合出場1得点を記録。今季から讃岐に完全移籍していた。

関連記事(外部サイト)