主力復帰で好調キープも…リヴァプールが抱える唯一の懸念は?【CL準々決勝/リヴァプール vs ポルト】

主力復帰で好調キープも…リヴァプールが抱える唯一の懸念は?【CL準々決勝/リヴァプール vs ポルト】

[写真]=Getty Images

 いよいよチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝がスタートする。9日はトッテナムvsマンチェスター・Cのイングランド勢対決と、リヴァプールvsポルトの2試合が、翌10日はアヤックスvsユヴェントス、バルセロナvsマンチェスター・Uがキックオフを迎える。ここでは、リヴァプールとポルトのチーム状況をおさらいしよう。

予想フォーメーション

リヴァプール(イングランド)

《グループステージ成績》
○ 3−2 パリ・サンジェルマン(H)
● 0−1 ナポリ(A)
○ 4−0 ツルヴェナ・ズヴェズダ(H)
● 0−2 ツルヴェナ・ズヴェズダ(A)
● 1−2 パリ・サンジェルマン(A)
○ 1−0 ナポリ(H)
⇒3勝3敗 グループC・2位

《ラウンド16》
△ 0−0 バイエルン(H)
○ 3−1 バイエルン(A)
⇒2戦合計 3−1



《リーグ戦成績》
33試合25勝7分1敗(1位)
《リーグ戦直近5試合》
△ 0−0 エバートン(A)
○ 4−2 バーンリー(H)
○ 2−1 フルアム(A)
○ 2−1 トッテナム(H)
○ 3−1 サウサンプトン(A)

《主な負傷者》
ジョー・ゴメス、アダム・ララーナ、アレックス・オックスレイド・チェンバレン

ラウンド16屈指の好カードとなったバイエルンとの対戦は、1stレグで勝ち星を逃すも、アウェイの2ndレグで快勝を収めた。サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーの攻撃陣は破壊力抜群。加えて、ファン・ダイクを中心とした守備陣もリーグ最少失点を誇る。プレミアリーグでは直近12試合負けなし(7勝5分)、シーズンを通してもわずか1敗のみ。依然としてマンチェスター・Cと熾烈な優勝争いを繰り広げている。出場停止のアンドリュー・ロバートソンに代わってジェームズ・ミルナーかアルベルト・モレノの起用が予想される左サイドバックが唯一の懸念点と言えるだろう。

ポルト(ポルトガル)

《グループステージ成績》
△ 1−1 シャルケ(A)
○ 1−0 ガラタサライ(H)
○ 3−1 ロコモティフ・モスクワ(A)
○ 4−1 ロコモティフ・モスクワ(H)
○ 3−1 シャルケ(H)
○ 3−2 ガラタサライ(A)
⇒5勝1分 グループD・1位

《ラウンド16》
● 1−2 ローマ(A)
○ 3−1 ローマ(H)
⇒2戦合計 4−3



《リーグ戦成績》
28試合22勝3分3敗(2位)
《リーグ戦直近5試合》
● 1−2 ベンフィカ(H)
○ 2−1 フェイレンセ(A)
○ 3−0 マリティモ(H)
○ 3−2 ブラガ(A)
○ 2−0 ボアヴィスタ(H)

《主な負傷者》
アレックス・テレス、ヴァンサン・アブバカル

強固な守備力を武器にリーグ最少の17失点でベンフィカと優勝争いを展開。ローマと対戦したラウンド16は、1stレグを落とすも、ホームの2ndレグで逆転勝利を収め、ポルトガル王者の底力を見せつけた。しかし、左サイドバックのアレックス・テレスが3月30日のリーグ戦で、PKを蹴った直後に負傷退場。臀部に痛みを抱えて直近のリーグ戦も欠場した。さらに、キャプテンのエクトル・エレーラとペペが累積警告で出場停止に。主力数名が離脱した状態でアウェイの1stレグへ挑む。

準々決勝 対戦カード


■トッテナム(イングランド) vs マンチェスター・C(イングランド)
1stレグ:4月9日@トッテナム・ホットスパー・スタジアム
2ndレグ:4月17日@エティハド・スタジアム

■リヴァプール(イングランド) vs ポルト(ポルトガル)
1stレグ:4月9日@アンフィールド(リヴァプール)
2ndレグ:4月17日@エスタディオ・ド・ドラゴン(ポルト)

■アヤックス(オランダ) vs ユヴェントス(イタリア)
1stレグ:4月10日@アムステルダム・アレーナ(アムステルダム)
2ndレグ:4月16日@アリアンツ・スタジアム(トリノ)

■マンチェスター・U(イングランド) vs バルセロナ(スペイン)
1stレグ:4月10日@オールド・トラフォード(マンチェスター)
2ndレグ:4月16日@カンプ・ノウ(バルセロナ)

準決勝対戦カード
トッテナムorマンチェスター・C vs アヤックスorユヴェントス
バルセロナorマンチェスター・U vs リヴァプールorポルト

関連記事(外部サイト)