アスピリクエタ、ファンの不満に理解を示す「彼らを批判できない」

アスピリクエタ、ファンの不満に理解を示す「彼らを批判できない」

チェルシーのゲームキャプテンを務めるアスピリクエタ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するスペイン代表DFセサル・アスピリクエタが、クラブに対して多くのファンが不満を募らせていることに胸の内を明かした。4月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 3月31日に行われたプレミアリーグ第32節でカーディフと対戦したチェルシーは、後半開始早々に先制を許す苦しい展開となったが、アスピリクエタとイングランド代表MFルベン・ロフタス・チークのゴールで辛くも勝利を収めた。

 しかし、チェルシーのファンは、一貫したパフォーマンスが出せない状況でありながら一つのシステムだけを使い続けるマウリツィオ・サッリ監督に不満の声を挙げている。このような状況が続いていることにゲームキャプテンを務めるアスピリクエタは、「ファンを批判することはできない」と語り、次のように続けた。

「僕たちはピッチの上で面白いものを彼らに見せなければいけない。最近のパフォーマンスを見たら、彼らが嬉しく感じていないことは普通のことだよ。この状況を変えられるかは自分たち次第だ」

 さらに、「悪い時にはいつも彼らのサポートがあり、いい時は彼らと一緒にその瞬間を楽しむものなんだ。僕たちには素晴らしいチャンスが水曜日(3日のブライトン戦)に(スタンフォード・)ブリッジである。いいゲームをして素晴らしい雰囲気を作りたい」と次節に向けて意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)